理事長のご挨拶

理事長 筒井 公久

ぱちんこは、戦後復興の中で庶民の娯楽として広まり、常に新たな技術とアイデアを生かし、チューリップの発明、電動式ハンドルの導入、フィーバー機の誕生や液晶画面の採用など驚くほどの変化、変遷を経て、長年ファンと共に歩み続け、今日に至っています。

しかしながら、ここ数年、余暇の過ごし方が多様化する中、ファンの急激な減少やホール営業所数の減少傾向には歯止めがかからず、業界を取り巻く環境は大変厳しい状況が続いています。

ぱちんこへののめり込みに起因する問題など、業界に課せられた課題は山積していますが、ぱちんこが真の大衆娯楽として国民世論の理解を得て、多様な遊技機の開発を通じて多くのファンに安心して遊べるより健全な遊技環境を提供し、一人でも多くの幅広い層の皆さんにホール営業所に足を運んでいただけるよう、これからも努力して参ります。