お知らせ

遊技機の販売方法に関する団体間の合意について(組合員の皆様へ)

2009年4月14日

本組合は、平成21年1月30日、全日本遊技事業協同組合連合会、社団法人日本遊技関連事業協会、及び日本電動式遊技機工業協同組合との間で、遊技機の販売方法に関し、下記の2点について合意いたしました。

  1.  いわゆる大量導入優先販売については、その現状が格差を拡大し、不公平感を増大させる恐れがあると各団体が共通の認識を持ち、その是正に向けて、誠実に協議し、具体的な施策の実行に努める。
  2.  「抱き合わせ販売」をはじめとする、独占禁止法等の諸法令に違反する恐れのある販売方法を禁止する。

 これは、一部の遊技機メーカーにおいて、遊技機の販売に関して上記のような販売方法が実際に採られているとの苦情を受け、協議の上合意したものです。

 本組合といたしましては、遊技機の購入事業者に不公平感を与えることにもなりうる上記販売方法は適切ではなく、仮にこのような販売方法が存在するのであれば、速やかに是正すべきであると考えております。

 本組合の組合員におかれましては、上記合意の趣旨をご理解の上、上記に該当する販売方法が存在する場合には、遊技産業全体の利益の観点から、販売方法の見直し・改善を行っていただくことをお願いいたします。

お知らせ一覧に戻る